Month: October 2020

日本はなぜ欧米よりギャンブル場(パチンコとスロット)が比較的多いのか

日本にはギャンブルの歴史があります。過去にはある種の制約がありましたが、第二次大戦後の経済復興に日本はギャンブルを使用しました。カジノ開設と、カジノのギャンブル業界でのデビューを控え、パチンコは新たな頂点に達しようとしています。パチンコ店は全国で営業を許可されており、スロット台も設置されているため、独自の小さなカジノのようになっています。 パチンコとは何か パチンコは 1920年代に子供のゲームとして日本で誕生し、すぐに社会現象となりました。  パチンコはギャンブルであり、またアーケードゲームのようにプレイする機械的なゲームの一種です。パチンコ店にはスロット台も設置されているため、日本中でカジノの代わりとなっています。日本の法律では現在ギャンブルは禁止されていますが、パチンコは合法です。パチンコで勝った玉は換金できないが特殊景品と交換できる、と法律で明記されています。特殊景品は景品交換所で換金でき、景品交換所は特殊景品をパチンコ店に売却して手数料を得ます。この手順を踏むことで、違法とはされません。 なぜ日本にはパチンコ店が多いのか 日本ではギャンブルはまだ合法ではありませんが、パチンコ業界は好景気です。ギャンブルがラスベガスなど特定の地域に限られるアメリカや他の国と比べると、日本はどこにでもパチンコ店があります。都会から小さな村までパチンコ店の宣伝が至る所で見られます。テレビコマーシャル、パチンコ店を宣伝する雑誌、そしてパチンコに特化したニュースも多くあります。主流のメディアで宣伝されていること、またパチンコ店がどこにでもあることから、パチンコは日本でカジノに相当する存在となりました。しかしながら、日本はまもなく最初のカジノをオープンしようとしています。 位置づけ パチンコは日本全国どこにでもあります。2013年には日本ゲーミング協会が、国内には11,137軒のパチンコ店に計2,798,348台のパチンコ機と1,441,076台のパチスロ機があることを発表しました。アメリカと比較するとこの数字は非常に多いです。パチンコは日本の経済に多大な貢献をしてきました。2015年時点で日本のパチンコ業界は、ラスベガス、マカオ、シンガポールの合計収益よりも多くの収益を上げています。日本はカジノをオープンする予定のため、日本のギャンブル収益はより増加すると予想されています。 結論 パチンコは世界の他のギャンブル経済を圧倒する日本の巨大産業です。現在日本ではギャンブルは禁止されていますが、パチンコは日本のカジノなのです。遊び方はとてもシンプルで分かりやすく、ピンボールと似たようなゲームで作りもほぼ同じです。実際にお金を賭ける前に、パチンコの練習ができるネット上のカジノもあります。少し時間はかかるかもしれませんが、一度コツさえつかめば楽しく簡単に遊べるゲームです。

Scroll to top